Shirt Maker YAMANAKA Founded1964

 

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー1


トーマスメイソン・ストーリー 1-1

左写真 サー・トーマスメイソン
右絵 ランカシャー

トーマスメイソン・ストーリー 1-2

ソルテアの工場村を描く19世紀の版画 


トーマスメイソン・産業革命の主役

英国・18世紀後半。英国織物産業界に名をはせた実業家、サー・トーマスメイソンは、産業革命の最中に起業しました。

鋭い先見の明を持ち、手工業に頼っていたこの分野における新しい機会を掴み取ったのです。ペナイン山脈斜面、ヨークシャーとランカシャーの間に位置する地域では、何世紀にも渡り古来の手法による織物が行われていました。

農家やその納屋では、手で紡がれた糸が、手織りで布に織りあげられていたのです。

次へ

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー2

トーマスメイソン・ストーリー 2-1

雨・蒸気・スピード・グレートウェスタン鉄道、1844年 ロンドン国立美術館

トーマスメイソン・ストーリー 2-2

左 昼食風景 1874年マンチェスター市立美術館
中央 水力紡錘機
ジェニー紡績機 産業革命初期、繊維業界に大きな影響を与えた発明の一つ


18世紀末、発明家が手機を機械化し、更に水力の活用により、生産性は大きく向上しました。この時期、リバプールとヨークシャーの織物の中心地リーズを結ぶ水路が完成しました。こうして1792年、西インド諸島産の綿を積んだ船が初めてリーズに着岸しました。時代の大きな可能性を感じ取ったサー・トーマスメイソンは、1796年、このリーズに最初のシャツ用綿織物工場を建てました。高い品質を誇る布地は貴族や富裕なブルジョワ階級を顧客に持つロンドン。ウエストエンドのテーラーが好んで使用し、後、大英帝国から世界中に輸出されました。

次へ

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー3

トーマスメイソン・ストーリー 3-1

ポールモールの夏の一日。1890年代、貴族のクラブがある館はセントジェームス地区の象徴。


トーマスメイソン・ストーリー 3-2

左隅写真はロンドンの名店、ターンブル&アッサーを映した貴重な写真
中央は風刺画。制服に神経をとがらせるジョージ4世。
右は、オスカーワイルド肖像画。



19世紀半ば、ヴィクトリア王朝時代に大英帝国の繁栄はその頂点に達します。
ロンドンは世界の中心、世界の首都でもありました。政治、経済の成功は、社会生活やファッションにも影響します。
サー・トーマスメイソンが興した産業はさらに発展し、紳士エレガンスの象徴となりました。靴、傘、帽子、ステッキ、そしてシャツの工房が集まるセントジェームズ地区は、まさに紳士の聖地でした。
特にシャツのメーカーが集中したジャーミン・ストリート、ピカデリーに近いこの小道は、世界中でシャツの専門街として知られるようになります。

次へ

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー4

トーマスメイソン・ストーリー 4-1

インド皇帝(のちのウィンザー公)

トーマスメイソン・ストーリー 4-2


左写真はヴィクトリア大英帝国女王
中央は1887年、ジュビリー
右端は空軍パイロット


1901年、ヴィクトリア女王逝去により、一時代の終わりを告げます。
1914年には第一次世界大戦がはじまり、市民の社会、経済生活は大きな変化を余儀なくされました。
トーマスメイソン社も戦争に貢献するよう要請されます。
工場ではコットン生地に、防水加工を施し、火災に強い生地、迷彩色などが試されることとなります。
空軍パイロットは、同社工場で特殊加工された防水布を使用したつなぎの軍服を着用していました。


次へ

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー5

トーマスメイソン・ストーリー 5-1

ダンディの代名詞、ウィンザー公
トーマスメイソン・ストーリー 5-2

左はセヴィルロウ(一説には街の名前、背広の名前の由来になったとされる) のヘンリー・ポール社。
右はエドワードとウォリス、ウィンザー公、公夫人。

1920年、30年代セヴィルロウやジャーミンストリートを中心とするロンドンは、紳士のエレガンスを代表する都市として、再び世界に君臨しました。
1936年、英国皇太子がエドワード3世として王位を継承しました。しかし、彼はウォリスシンプソン嬢への愛を選び、退位します。その後、ウィンザー公の称号を得、2つの世界大戦に挟まれた時代、洗練された貴族ファッションを先導しました。トーマスメイソンは当時、英国王室御用達シャツ専門店、ターンブル&アッサーへの独占的な生地卸業者として知られていました。着心地の良さもさることながら、斬新な色使いがその時代のファッションを表しています。当時の資料をめくると、多彩なデザインや、パターンに目を奪われるでしょう。

次へ

トーマスメイソン(Thomas Mason)・ストーリー6

トーマスメイソン・ストーリー 6-2

オーダーメード用生地各種。
ジャーミンストリートのターンブル&アッサー、チャーチルルームにて。

60年代到来
トーマスメイソン・ストーリー 6-1

左はターンブル&アッサーで一日限りのバーゲンセールに並ぶ運の良い人々。

ロンドンはファッション革命の中心となります。ビートルズをはじめとする若者ファッションが一世を風靡し、大きな変化への期待に満ちていました。伝統的な男性エレガンスもこの新風に巻き込まれ、独創的スタイリストらが、セヴィルロウ、ジャーミンストリート、カーナビ―ストリートの橋渡し役を果たすようになります。
カラフルでファンタジーに満ちた愉快な服。エキセントリックで奇抜な色遣いの縞や格子柄のシャツは、ファッションの主役となり、この時代を象徴する幅広のネクタイ、キッパータイとの組み合わせが流行りました。


こんにちは、(ログイン)→__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

お問い合せ

オーダーの前にお読みください

シャツをオーダーする

お客様のオーダーシャツデザイン集

オーダーシャツ専門店ヤマナカ 市川アトリエ

生地見本請求

シャツの豆知識・用語集

ヤマナカシャツ・ストーリー

代表ブログ

シャツリフォーム

ページトップへ