Shirt Maker YAMANAKA Founded1964

 

1枚のシャツができるまで

1枚のシャツができるまで

1枚のシャツができるまでの工程をご紹介します。

通常、シャツができるまでには、生地商が材料として綿糸を紡績し、反物と呼ばれる生地にする一方、シャツショップによりお客様の流行や機能性などからデザインやパターン、シルエットなどが工夫され、さらには関係会社により、ボタンや付属品などが生産され、それを前提として、以下の工程によりお客様のお手元にシャツが届けられます。

当店のシャツはすべて自社工房(工場)で作成・仕立てております。
↓は縫製段階が行われる縫製場の様子です。

ミシン場
裁断場

←布を切る裁断場

アイロン場

←まとめ段階のアイロン場

工程スタート・パターン作成

パターン作成
基本サイズやフルオーダーのパターンを作成
基本パターンを人体ボディを使ったり、作図などで作成し、CAD(コンピュータ製図システム)に取り組んでグレーディングを行います。
pattern
上記は当店の基本パターン。このように立体裁断をされたパターンをコンピューターに読み込み、データ化します。

工程1・裁断

裁断工程
パターンにそって裁断、基本パターンやお客様のパターンにそって、生地を裁断します。
シャツのパターンは、人体や実際の人の体を使って作成されます。

工程2・縫製

縫製
パーツを一つ一つ縫製
裁断されたシャツのパーツを縫い合わせていきます。

工程3・中間アイロン

中間アイロン
中間アイロンで形を整えていきます。
中間アイロン・専門用語で下張り(したばり)と呼ばれる作業で、襟やカフスなどの形を整えられます。

工程4・刺繍

刺繍
ネームなどをシャツに刺繍する。
専用の刺繍機を使い、シャツに刺繍を施します。

工程5・ハンドステッチ

ハンドステッチ
手縫いによる部分縫い
ハンドステッチなど、手縫いを必要とする箇所は、熟練工の手作業により行われます。

工程6・ボタンホールかがり

ボタンホール
シャツにボタンホールを施します。
縫製が完了したシャツに、寸法に合わせてボタンホール(ボタン穴)を施します。
お客様がご選択された色に糸を替え、寸法はコンピューターにより制御されます。

工程7・ボタン付け

ボタン付け
専用のミシンによるボタン付け
最新鋭のボタン付けミシンにより、一つ一つボタンをつけていきます。少しでもボタンがほつれて取れてしまわないように何重かにされます。

工程8・仕上げアイロン

仕上げアイロン
仕上げアイロン
縫製が完了し、刺繍やボタンホール、ボタンのつけられたシャツを、アイロンで仕上げていきます。

こんにちは、(ログイン)→__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

お問い合せ

オーダーの前にお読みください

シャツをオーダーする

お客様のオーダーシャツデザイン集

オーダーシャツ専門店ヤマナカ 市川アトリエ

生地見本請求

シャツの豆知識・用語集

ヤマナカシャツ・ストーリー

代表ブログ

シャツリフォーム

ページトップへ