Shirt Maker YAMANAKA Founded1964

 

シャツ用語集 [生地]

ブロード

ブロード
ワイシャツ地の代表。正式には「ブロードクロス」という。ポプリン織り(横うねを特徴とする一種の平織り)した光沢のある幅広綿布。

糸の太さ(番手)が高いほど基本的に上質とされる。通常ブロードでは40番から200番まである。140番を超えると最上級にランクされるが、強度に不安が生じ始める。最もバランスのとれた番手は80番から120番。

オックスフォード

オックスフォード

オックス
シャツ生地の一種。ボタンダウンの代表的な生地として、広く知られている。粗い組織のカジュアル向き生地。
オックスフォードの名は、オックスフォード大学から由来されている。

ロイヤルオックスフォード

ロイヤルオックス
通常のオックスよりもソフトで光沢のあるロイヤルオックス。
ただ、本質的にはオックスというよりもドビーに近く、オックスとは別の生地で、ロイヤルオックスという独立した生地。

ヘリンボン

ヘリンボン
ヘリンとは魚の鰊(にしん)のこと。にしんの骨のような柄から、ヘリンボン(ヘリンボーン)と呼ばれるようになった。日本では杉綾とも呼ばれる。
ヘリンボンの歴史は古く1900年以前には確立していた。
シャツ生地の代表的な柄の一つで、秋冬、春先に活躍する。

刷毛目(はけめ)

ハケメ
縦糸に白糸、横糸に色糸を使用した生地。さらっとした生地感で、夏用シャツ生地として地位を確立している。
エンドオンエンドともいわれる。

ピケ

ピケ
縦に畝のある丈夫な綿布。厚手のものは秋冬に、薄手のものは春夏に用いられる。

カルゼ

カルゼ
英語の「kersey」が訛って作られた和製英語。生地界全体では厚手の綾織物を指すが、シャツ用語としては、ツイルやフランス綾よりも大きな柄の綾織物を指す事が多い。

フランス綾

フランス綾
ツイルとはほぼ同義語。ただし比較的大きめに柄だしされた綾織物をフランス綾と区別する。シャツ用語としては、フランス綾よりも小さい綾織物をツイル、大きな柄をカルゼと呼んでいる。

ツイル

ツイル
2本ないし、3本の糸で撚った綾織物の総称。シャツ用語としてのツイルは、最も細かめの綾織物を指す事が多い。
シャツ用語としては、細かめの柄で目立たない綾織りをツイル、
ツイルよりもやや大きい綾織りをフランス綾、さらに大きいものをカルゼと区別される。

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

お問い合せ

オーダーの前にお読みください

シャツをオーダーする

ご利用案内

お客様のオーダーシャツデザイン集

オーダーシャツ専門店ヤマナカ 市川アトリエ

生地見本請求

シャツの豆知識・用語集

ヤマナカシャツ・ストーリー

代表ブログ

シャツリフォーム

ページトップへ