Shirt Maker YAMANAKA Founded1964

 

シャツの知恵袋 寸法・採寸編

市販品のシャツだと、胸が突っ張るのですが、対策はありますか?

Q. 市販のシャツを着ると、胸がつっぱります。これは何が原因ですか?対処法はありますか?
A. 胸がつっぱったような感じになるのは、単純に胸の寸法が不足していることに原因しています。ですので前方の胸の寸法を足すことによって、通常解消されます。
そのときに、例えば同じバスト90センチであっても、胸の厚みのある方と、無い方では、胸の張り出しはもちろん、背中の寸法も変わってきます。
そこで、通常胸の補正をする場合、同時に背中側では反対の補正を行うのが一般的です。
補正を行うことによって、快適にシャツを着用いただくことが出来ます。

鳩胸って言われました。シャツを着ると、胸が圧迫される感じです。鳩胸補正は出来ますか?

Q.鳩胸と言われています。
胸が張り出して、窮屈ですが何か手だてはありますか?
A.鳩胸の方の場合、胸幅を広げて、背幅を反対につめる必要があります。
俗に後ろ肩補正、または鳩胸補正と言われている補正を加えます。
そうすることで窮屈さが軽減され、見た目も美しく、着心地の良いシャツになります。
前肩補正と反対の補正を行うことで胸の幅を出し、運動量なども確保します。

スーツ屋さんで前肩と言われました。前肩って何ですか?

Q.前肩ってなんですか?スーツ屋さんで、前肩ですねっていわれました。前肩補正が必要だそうですが、シャツでも必要ですか?
A.前肩とは、腕の付け根が前方に入り込んでいる状態です。日本人の多くが前肩と言われています。人間は作業をするときは前方に手をやりますので、作業の多い方は前肩になりやすいといわれています。
健康的には、呼吸を圧迫してしまいますので、少し注意が必要です。
シャツについては、前に肩から腕が出てきていますので、胸幅を狭く、反対に背幅を広くしますと、過ごしやすく、着心地の良い者になります。
反対語が後ろ肩、または鳩胸です。
シャツに関しても、前肩補正を行うとよいでしょう。

いかり肩ですが、補正できますか?いかり肩補正はどんな効果がありますか?

Q.怒り肩です。シャツを着ると、斜めに皺が入ります。何か対策はありますか?聞いたところ、補正をすると良いといわれましたが補正は出来ますか?また、補正をするとどんな効果がありますか?
A.怒り肩の方、一般的に肩傾斜が17度以上の方には、怒り肩補正をお奨めしています。
怒り肩の場合、首の周りに、月皺(ツキジワ)といわれる皺が出来ます。これは肩がつき上がることで、首が窪んでしまうのと同じ状態になるからで、肩の傾斜を高くすることで、首のくぼみもなくなり、ツキジワは消えます。肩傾斜が合うことにより、着心地が良いのと、月皺が出ないので、見た目も良くなります。

なで肩ですが、シャツでなで肩の補正はできますか?効果はありますか?

Q.かなりのなで肩です。
シャツを着ると、肩が落ちる感じですが、シャツでなで肩補正はできますか?皺が出来るのですが、これは解消されますか?
A.なで肩の方の場合、肩山が低くなる、または首回りの高さが高くなるので、襷でかけたような皺が出てしまいます。それを軽減するには、肩の傾斜を低くして、体とシャツの角度を合わせると皺はきれいに消えてくれます。
スーツでは代表的な補正項目ですが、シャツでもなで肩補正はもちろん可能です。効果としては、肩の傾斜を合わせることにより、着心地の良さと、不要な皺を軽減することが出来ます。たすき状の皺、たすき皺も軽減されます。
見た目も良くなります。

イージーオーダーとはどんなものですか?

Q.イージーオーダーと、通常のオーダーとはどう違いますか?
A.基本的には、ある程度の形があって、多少の項目を調整できますというのが、世間一般での、イージーオーダーの意味合いだと思います。
ざっくり申し上げますと、少し調整できるという意味が強いと思われます。
似たような言葉で、パターンオーダーというのがありますが、イージーオーダーが一番、調整できる箇所が小さいというイメージです。
メリットとして、その分、価格も安くなるのが一般的な傾向です。

ビスポークとはなんですか?

Q.ビスポークとはなんですか?どんな意味ですか?
A.「be spoke」という意味からきています。つまり、「まず話す」というところからアイテムを作り始めるという意味で、「オーダー」と同義語だと言って間違いありません。
ヨーロッパでは、オーダーのことをビスポークという言い方が多いです。相手の話を聞いてから、その後に作り始めるというオーダーの流れをそのまま言葉にしたと悪寒がください。
ただ、オーダーと同義語ではありますが、厳密には葉は糸をする相手は、専門家、というそのアイテムに取っては特別な人間ですので、「専門家と話してから」という意味合いが強く、オーダーの中でも上級な部類をさすことが多いです。

フルオーダーと、パターンオーダーの違いを教えてください。

Q.フルオーダーと、パターンオーダーの違いを教えてください。
A.

決まっているデザインや、パーツの中から選び、組み合わせるのがパターンオーダーというオーダー方法です。メリットとして価格が安くなり、ある程度寸法的な悩みなどを解消することが出来ます。
それに対し、シャツをすべて設計から作るのがフルオーダーです。メリットとしては、寸法的な悩みをフルで解決することが可能です。ただし、割高になりやすいです 。フルオーダーは体形の差によって生ずるずれを補正することができます。
その補正の代表的なものになで肩、怒り肩、前肩、後ろ肩、前首、後ろ首、鳩胸、反り腰、猫背などがあります。
パターンオーダーは補正はできません。調整できる寸法にも限りがあります。
その分、フルオーダーのほうが補正なども入ると尚更割高になります。

太ったり、やせたりがあるのですが、シャツのサイズをどのように設定したらいいですか?

Q.体重の増減が大きいので、シャツのサイズの決め方が、難しいのですが、どのようにしたら最適でしょうか?もちろん、体重の増減がないに越したことがないことは承知していますが。
A.体重の増減が大きい方の場合、ご提案の方法として、大きく分けて二通りあります。
一つは、増減を見越して、大きく作るという方法
もう一つは、体重をベストの状態で、作ってしまうという方法です。
ベストな寸法で作ることで、増減自体がおこらない様に、ご自身にプレッシャーをかけるという方がよくいらっしゃいます。
生活全体を鑑みますと、その方がよいかな?と感じます。
ただ不本意ながら、小さくなってしまう場合もあるかと存じますので、そのために、ウエストにダーツなどをお入れする形で、細めに作られることをお奨めします。お太りになったときに、ダーツをほどいて、ウエストで最大5センチほど太くすることが出来ます。

デパート(百貨店)で作ったら、デザインが古く感じるのですが?

Q.デパートで、オーダーシャツを作ったことがありますが、デザイン的にも古く、野暮ったさも感じました。オーダーシャツはそんなものなのでしょうか?
A.オーダーシャツなので古くさいということはありません。
デパートによっても、新しいデザインをできるところもございます。
ただ、デパートの場合、デザインややり方を変えることが出来ないケースが多くありますので、その辺が、そのように感じられる原因ではないかと思います。

こんにちは、(ログイン)→__MEMBER_LASTNAME____MEMBER_FIRSTNAME__
保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

お問い合せ

オーダーの前にお読みください

シャツをオーダーする

お客様のオーダーシャツデザイン集

オーダーシャツ専門店ヤマナカ 市川アトリエ

生地見本請求

シャツの豆知識・用語集

ヤマナカシャツ・ストーリー

代表ブログ

シャツリフォーム

ページトップへ